自動車教習所には17才から通うことができます

自動車の運転免許証を取得するためには、自動車教習所に通うのが常識となっているのですが、いざ通うとなると色々な準備が必要になります。
通い始めると知らない事が沢山ありますので、事前に一通りの事を調べておくと、落ち着いて教習を受けることが出来ます。


まず免許証を取得できる年齢は、自動車の免許は18才からで自動二輪の免許は16才以上となっています。

ですが自動車教習所には、18才または16才になる以前から通うことが可能です。

ただし自動二輪の場合は16才になっていないと卒業検定を受けることができませんし、自動車の場合は18才になっていないと仮免の試験を受けることができません。

大型二種免許情報探しで悩んだ時に見てほしいサイトです。

ですから卒業検定や、仮免試験を受ける時期を見越して入学をすれば、16才、18才を迎えてから教習を始めた人よりも、早く免許を取得することが出来ます。少しでも早い時期に免許を習得したい人にはおすすめです。


また何かの都合で、住民登録をしている以外の地域で免許を取得する事になった場合でも、その地域の自動車教習所に通うことが可能です。ですからわざわざ住民登録をしている地域に帰って、自動車教習所に通う必要はありません。

合宿免許の大型情報ならこちらのサイトです。

ただし卒業検定を終えて免許証を取得する時は、住民登録をしている地域の試験場で筆記試験を受けて、交付を受ける必要があります。

いよいよ自動車教習所に通い始めたら、学科と技能の教習を受けることになるのですが、技能教習を受ける際には、服装に少し気を付ける必要があります。


基本的には普通の服装で問題は無いのですが、動きやすい服である必要があります。また靴もハイヒールやサンダルは避けて、ちゃんとした靴を選ぶようにしましょう。



どうしても履きたい靴などがある場合は、別に靴を持っていって技能教習の前に履き替える事も可能です。
自動二輪の場合は、ヘルメットやグローブなどが必要になりますので、自分で用意するのか自動車教習所に借りることができるのかを確認しておきましょう。